読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kousukuの日記

映画・音楽・スポーツの感想を綴っていきます。

映画『64-ロクヨン 前編』感想 7日間で終わった昭和64年の少女誘拐殺人事件 ※ネタバレあり

映画 映画-邦画 映画-2016年公開
映画『64』を観てきました。久しぶりに日本映画を劇場で観ました。

f:id:kousuku:20160507160254j:plain

(C)2016 映画「64」製作委員会

 

64-ロクヨン

64とは、昭和64年に発生した未解決誘拐事件を指しています。
昭和天皇がお亡くなりになられたのは昭和64年1月7日です。翌日からの年号は平成となりましたので昭和64年は7日間のみとなっています。
丁度私が大学生の頃でした。

簡単な説明

映画は、前編と後編の2部構成で後編は6月公開予定です。

監督


 キャスト

俳優さんは、佐藤浩一、瑛太、永瀬正敏、榮倉奈々、奥田瑛二、鶴田真由、三浦友和などなど... 有名俳優が大勢出演します。

あらすじ

64事件当時、刑事部で事件を担当した三上(佐藤浩市)は広報室に異動していた。
後一年で時効を迎える64事件に対して本部である警察庁が乗り出そうとする中、三上は県警が隠蔽していた捜査上のミスを知ることとなる。
三上は、自身の娘、記事クラブとの不穏な関係、発覚した捜査ミス、本部の介入など様々な問題から自身を見つめ直し今までの生き方を変える決心をする。
ラストは、64と同様の手口の誘拐事件が発生したところで終了します。 
 

感想

前編は、三上が今抱える問題を様々な人間関係から自分としてどうすべきなのかを苦悩の中から見つけ出し行動に移すところが見どころとなっています。社会組織の一員であると本当の姿を見失っていくものですが、人の身になって考える三上がそのジレンマを打ち破るところは感動します。
 感動シーンでは俳優も涙しているので、もらい泣きの観客もいたかもしれません。
 原作の小説を読んでいないので、登場人物の多さと断片的な展開で前半はちょっと分からりにくかったですが、徐々に繋がり理解出来るようになっていきました。
 当然ではありますが、後編を観ないと評価は難しいです。というか後編が面白くなかったら詐欺でしょう。
 演技面では、佐藤浩一、永瀬正敏、瑛太が感情溢れる役どころを演じています。
 日本の俳優さんを観るときは外国の俳優さんよりも身近に感じますので、オーバーアクションは違和感を感じるところはあります。
 鶴田真由を久しぶりに見ました。長くは登場しないのですが相変わらずの存在感と美声です。
 後編に期待です。それまでに原作の文庫本でも読んでおこうかなと思っています。
 

予告動画

 
64(ロクヨン) 上 (文春文庫)

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)

 

 

64(ロクヨン) 下 (文春文庫)

64(ロクヨン) 下 (文春文庫)

 

 

追加記事

www.kousuku.com