読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kousukuの日記

映画・音楽・スポーツの感想を綴っていきます。

映画『アイランド』 クローン人間の人権 ※ネタバレあり

映画『アイランド』を観ました。先日テレビで有名演歌歌手さんが面白SF作品と言っていましたのでどんなんだろうと思って観てみました。

 

f:id:kousuku:20160514180640j:plain

(C) 2005 Dreamworks LLC and Warner Bros. Entertainment Inc.

 

作品情報

 ・公開:2005年

 ・時間:2時間16分

 ・監督 

 SFでは『トランスフォーマー』、『アルマゲドン』をホラーでは『13日の金曜日』、『エルム街の金曜日』などを手掛けた名監督。

 ・主なキャスト

 

 豪華キャストです。スカーレット・ヨハンソンは、ハマり役だったと思います。

あらすじ

舞台は2019年。人々は大気汚染ため巨大施設の中、完全な健康管理のもとで暮らしていた。リンカーン・6・エコー(ユアン・マクレガー)は、毎晩見る不思議な夢から施設の外の世界に興味を持ち始める。リンカーンは施設の裏方の作業をしているマック(スティーヴ・ブシェミ)から施設の秘密を探ろうするが相手にしてもらえない。ただそこで絶滅したはずの虫を発見し、外の世界は大気汚染されていないのではないかと疑念を深めていく。

施設で暮らす人々は「アイランド」と呼ばれる場所に移動することが夢で、日々抽選で選ばれることを待ち望んでいる。ある日リンカーンは「アイランド」行きが決まった人間が殺されるところを見てしまう。次に「アイランド」行きに選ばれたのは友達のジョーダン・2・デルタ (スカーレット・ヨハンソン)で、リンカーンは彼女を救うために二人で施設から逃走する。

未来の技術

  • 健康管理システム…トイレで健康状態が把握できる
  • クローン人間…自分のクローン人間から臓器を生成する
  • リストバンド…リストバンドで個人の認証を行う
  • 脳内シナプス監査…脳内のシナプスの検査を視神経から行う
  • 空中オートバイ…空中を自在に走るオートバイ
 

感想

とても綺麗な映像でどんどん引き込まれていきます。

空中を走るオートバイのシーンは見どころではあるのですが、オートバイがそんなに進歩しているのに自動車やヘリコプターは今のものとあまり変わっていないのはご愛敬でしょうか?

作品のテーマはクローン人間の人権なんですが、実際クローン技術が進化し自分と同じ人間が作り出すことが出来れば、映画のようなクロ―ンからの移植システムが構築されてもおかしくないと思います。特にお金持ちや権力者は利用するんじゃないかな。

クローンの生活は完全な健康状態を作るもので、本人がこの施設に入れば治る病気もあるのではと思ってしましました。

ラストは、クローン人間の開放を行うのですがクローン元の社会的にどの位置で生活していくのだろう?疑問がのこりました。

面白いのは間違いないのですが、ちょっと細かいところが気になってしまった作品でした。

Amazonビデオ

アイランド (字幕版)

アイランド (字幕版)