読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kousukuの日記

映画・音楽・スポーツの感想を綴っていきます。

書籍『ゴジラとエヴァンゲリオン』感想

映画 書籍 映画-ゴジラ 映画-邦画 映画-2016年公開

書店で何かいい本がないかと探していたところ「ゴジラとエヴァンゲリオン」という文字に目が留りました。ちょうど映画『シン・ゴジラ』を観た後で、「ゴジラ」と「エヴァンゲリオン」との関連性に興味が湧いていたところだったので購入することにしました。

ゴジラとエヴァンゲリオン (新潮新書)

ゴジラとエヴァンゲリオン (新潮新書)

 

 

映画『シン・ゴジラ』は、『エヴァンゲリオン』の監督である庵野秀明氏が総監督ということなので、当然「エヴァンゲリオン」ぽさが含まれたものだろうと思っていました。実際映画を観て感じたのは、登場人物のドアップの描写、ゴジラを映し出す映像の美しさ、壮大で哀愁的な音響とアニメ的な要素が取り込まれていました。映画は満足いくものでしたが、「ゴジラもエヴァンゲリオン化していくのか」と少し寂しさを感じました。

しかし、本書を読んで安心しました。庵野監督の師匠でもある宮崎駿監督が「ゴジラ」から影響を受けていて、しかも庵野監督も「ゴジラ」をリスペクトしていたのです。「エヴァンゲリオン」にも「ゴジラ」の遺伝子が繋がっていると考えていいということです。

そして、既に「ゴジラ」、「エヴァンゲリオン」共演のプロジェクトが進んでいるみたいです。

shin-godzilla.jp

どのように展開していくのかわかりませんが、「ゴジラ」が「エヴァンゲリオン」ファンである若者に中に、逆に「エヴァンゲリオン」が「ゴジラ」ファンである年配層に入り込むという、世代融合な企画です。拒否反応を起こすファンもいると思いますが、とても面白いと思います。

 

本書『ゴジラとエヴァンゲリオン』ですが、ゴジラの各作品の解説をふまえゴジラの世界感を詳しく説明しています。また登場する怪獣たちの解説も詳細にされています。私は、ゴジラは「人間の英知を超えた科学技術(原子力)が、自分達の生活基盤を破壊する象徴の姿」というふうに解釈をしていましたが、それだけではなく「ゴジラ」には敗戦で置き去られた魂が姿を変え現れてきたものという解釈もあるようです。そんな深い思いがあったのかと驚かされました。同じ東宝映画の『モスラ』では「ロリシカ国」というインファント島を統治している国を登場させ、アメリカとロシアの核実験に対する反感を盛り込んでいたようです。

インファント島 - Wikipedia

『エヴァンゲリオン』に関しても、詳細に分析しています。私は「エヴァンゲリオン」を観たことがないので本書の解説を全て把握する事は出来ないのですが、それなりに濃厚なアニメであることが解ります。

「ゴジラ」と共通する世界観を中心に解説しています。「ゴジラ」に影響を受けて育った監督が作成しているのだから、その世界観は「ゴジラ」のものより進化していて、人型兵器エヴァンゲリオン(EVA)を人造人間という形で設定しています。世の中が全体主義から個人主義(オタク)に移っているので、操縦者シンジの感情を表現することで個人主義の風潮を汲み取っているようです。

 

「ゴジラ」と「エヴァンゲリオン」 

庵野監督と「ゴジラ」

1954「ゴジラ」は、宮崎駿監督、庵野秀明監督にも影響を与えています。

若き 日 の 宮崎駿 は『 ゴジラ』 が 公開 さ れ た 直後 の 日曜日、 弟 を 連れ て 渋谷 東 宝 に 出かけ て いる。   映画館 は 満員 で、 後ろ から 立ち見 を し た の だ が、 山越し に ゴジラ が 姿 を 現 わす シーン では、 館内 を 埋め 尽くし た 大人 の 観客 たち が 揃っ て グワッ と 後ろ に のけ反り、 波 の よう に 見え た という( 池田 憲章『 ゴジラ 99 の 真実』)。 それほど 衝撃的 な 場面 だっ た。

引用:『ゴジラとエヴァンゲリオン』 

 また、庵野監督は幼少期は円谷プロの特撮のファンで「ゴジラ」に関してはこう評しています。

 庵 野 は『 ゴジラ』 第一 作 について「 畏怖 の 対象 として 描く 怪獣 映画 の 最高峰。 怪獣 を 主役 と 据える 映画 に 必要 な 要素 が 無駄 なく 詰まり、 適切 に 配置 さ れ て いる 最初 に し て 完璧 な 作品」 と リスペクト し、リスペクト し て いる から こそ、 庵 野 監督 は 先行 作品 に 拘束 さ れ、 凭れ かかっ た よう な 作品 作り を し ては ダメ だ、 とも 感じ て いる だろ う。 それ は 逃げ で あり「 逃げ ちゃ ダメ」 なの だ から。

引用:『ゴジラとエヴァンゲリオン』 

 興業目的だけの繋がりではなかったようです。

反復と再生

「ゴジラ」も「エヴァンゲリオン」も反復と再生を行っていて、「ゴジラ」に関しては今回で3回目(後の2回は、1984年版と2000年ミレミアム)です。で、エヴァは、新劇場で再生されています。再生というのは、生まれた時の意義を現代に復活させることで、再生そのものが反復を意識させる重要なファクターとなるからではないでしょう。それは、人間の人生も反復の繰り返しで構築されているからだと感じます。

『シン・ゴジラ』の「シン」とは

「新」、「真」、「神」の意味が込められていると語っています。映画でも「神」という表現が使用されています。著書長山氏はそれに加え「信」、「罪」も含まれていると想定しています。また、この「シン」は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の未制作の第4作目にも付けられる予定ということです。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版 - Wikipedia

 

著者の長山靖生氏は相当なオタクであることが伺い知ることが出来ます。そして、とても詳しく「ゴジラ」と「エヴァンゲリオン」を解説されています。「エヴァンゲリオン」を少しずつ観ていこうかなと思っています。

ゴジラとエヴァンゲリオン (新潮新書)

ゴジラとエヴァンゲリオン (新潮新書)

 

 

関連記事