読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kousukuの日記

映画・音楽・スポーツの感想を綴っていきます。

映画『ジェイソン・ボーン』を観る前に 過去のボーン・シリーズの登場人物を振り返る ※ネタバレあり

映画

 TV放映などで何度も観ているボーン・シリーズですが、アクションに気を取られストーリーや登場人物などしっかりと頭に入っていませんでしたので、ここで少し振り返ります。

f:id:kousuku:20160926232508p:plain

 (C)Universal Pictures

 過去の作品の登場人物など

過去ボーンシリーズは、4部作出されています。4部目のボーン・レガシーは、主人公がジェイソン・ボーンではなく、別の工作員アーロン・クロスの話です。ジェイソン・ボーンが主人公の3部は

  • ボーン・アイデンティティー(The Bourne Identity)2002年
  • ボーン・スプレマシー(The Bourne Supremacy)2004年
  • ボーン・アルティメイタム(The Bourne Ultimatum)2007年

です。記憶を失ったボーンが自身を取り戻そうと僅かな手がかりを辿っていくなか、かつて所属していたCIAの極秘プロジェクトの真相と自身の過去が平行して明らかになっていくというアクションスリラー作品です。特別に訓練された最強兵器のジェイソン・ボーンの無駄のない行動とアクションと謎に包まれた彼の過去が大きな見どころです。

ジェイソン・ボーン

f:id:kousuku:20160924195528p:plain

本名:デイヴィッド・ウェッブ(David Webb)

ジェイソン・ボーンは偽名の1つ

1970年9月13日にミズーリ州、ニクサにて生まれ

アメリカ陸軍特殊部隊群の大尉

CIA考案の「トレッドストーン計画」志願

ロシア議会議員ウラジミール・ネスキー暗殺

アフリカ某国の元独裁者ニクワナ・ウォンボシの暗殺失敗

ウォンボシ暗殺失敗後は記憶喪失

マリー・クルーツと出合う

f:id:kousuku:20160924195726p:plain

トレッドストーン計画

CIAが考案の暗殺専門の工作員育成計画

研究施設所在地:ニューヨークの東71丁目415番地

総責任者

CIA作戦部長ウォード・アボット
『ボーン・アイデンティティー』『ボーン・スプレマシー』

総指揮

アルバート・ハーシュ博士ボーンを育てた張本人。
『ボーン・アルティメイタム』

訓練監督官

ニール・ダニエルズマドリードのCIA支局長
『ボーン・アルティメイタム』

現場指揮

テッド・コンクリン
『ボーン・アイデンティティ』

 支援要員

ニッキー・パーソンズ
『ボーン・アイデンティティー』
『ボーン・スプレマシー』
『ボーン・アルティメイタム』

ウラジミール・ネスキー暗殺

ボーンは洗脳工程が終了したテストとして、ロシア議会議員であるウラジミール・ネスキー暗殺作戦を指示され、罪をネスキーの妻に着せる形で両名を殺害し作戦を成功させた。この作戦は実はロシアの石油王であるユーリ・グレツコフと癒着していたアボットが私利私欲のためコンクリンに命じてた作戦だった。

ブラックブライアー計画

作戦部長

ノア・ヴォーゼン
『ボーン・アルティメイタム』

CIA内部調査員

パメラ・ランディ
『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』

 

第一部『ボーン・アイデンティティー』

※登場人物では亡くなった人名前は背景をグレーにしています。

ジェイソン・ボーン

マリー・クルーツ

ウォード・アボット

テッド・コンクリン

ニッキー・パーソンズ

ウォンボシの暗殺失敗し、マルセイユの南100キロで漁船に助けられ、体に埋め込まれていたマイクロカプセルからスイスの銀行情報が見つかる。自分が何者かわからないが、反射的に動く身のこなしから特別な人間だと察知する。銀行の金庫には大金と複数のパスポートが保管されていて、何故か警察・軍に追われる身に。マリーという女性と出合い逃走の道ズレにしてしまう。わずかな手掛かりで過去の自分を辿ろうとするがなかなか記憶が戻らない。CIAの極秘計画「トレッドストーン」の工作員も命を狙ってくる。その頃ニクワナ・ウォンボシは別の工作員により殺害される。命を狙ってきた工作員から自分がトレッドストーンの工作員だったことを知らされる。パリのCIA事務所を突き止め、CIA職員のコクリンとニッキー・パーソンズにマルセイユの暗殺計画について聴き少しづつ記憶が戻る。そこで襲ってきた殺し屋を全て始末し事務所を去る。コクリンは工作員に殺害される。

CIAでは「トレッドストーン」の終了が発表され、新たに「ブラックブライアー」プロジェクトが発表される。ボーンはインドに逃げたマリーを訪ねる。

youtu.be

第二部『ジェイソン・スプレマシー』

※登場人物では亡くなった人名前は背景をグレーにしています。

ジェイソン・ボーン

マリー・クルーツ

ニッキー・パーソンズ

パメラ・ランディ

ウォード・アボット

キリル

トレッドストーン計画が終了して2年。またもや刺客が現れマリーが命を落としてしまう。ネスキー暗殺での不正がCIA局員のパメラ・ランディの内務調査で露呈しかけたためウォード・アボットが策略した。石油王ユーリ・グレツコフと協力しボーンに罪を着せる計画だ。刺客のキリルはグレツコフが派遣。ボーンはトレッドストーンの仕業と思い報復の為CIAに近づく。トレッドストーンの後方支援要員ニッキー・パーソンズに事情を聴き、徐々にネスキー暗殺時の記憶が蘇る。グレツコフとアボットの癒着の証拠をつかんだボーンはアボットに接触し問いただす。もう逃れないないと判断したアボットは自決する。

ロシアでマリーを殺したキリルに報復し、ネスキー夫妻の娘に謝罪にし、姿を消す。

youtu.be

第三部『ボーン・アルティメイタム』

※登場人物では亡くなった人名前は背景をグレーにしています。

ジェイソン・ボーン

ニッキー・パーソンズ

イギリスの新聞記者サイモン・ロス

CIA内部調査員パメラ・ランディ

ブラックブライアー作戦部長ノア・ヴォーゼン

CIA支局長ニール・ダニエルズ(元工作員訓練監察官)

工作員養成研究アルバート・ハーシュ博士

ロシアから戻ったボーンはマリーの弟に黒幕を明らかにするとことを伝える。トレッドストーンやボーン、マリーに関してを記事にしていた新聞記者サイモン・ロス接触し、マドリードCIA支局長ニール・ダニエルズより『ブラックブライアー』計画についての情報を入手したことを聴く。CIAは情報漏えいを恐れロス追跡していたところ、ボーンとの接触を確認し、その場でロスを狙撃し殺害する。ボーンはロスの遺品からダニエルズの手掛かりを見つけ、マドリードのCIA支局に向かう。そこでダニエルズと共に写真に写っているアルバート・ハーシュ博士の記憶を思い出し、更にマドリード支局に転属になっていたニッキー・パーソンズ(1部、2部でも登場)と出会う。パーソンズの協力を受けダニエルズを追う。一方のブラックブライアー作戦部長ヴォーゼンは情報漏えいの元がダニエルズであること知り、ボーンとダニエルズ両者の抹殺を指示する。モロッコ、タンジールに逃走していたダニエルズは工作員によって殺害される。ダニエルズを追ってタンジールにやってきたボーンも工作員に狙われるが激しい格闘の末殺害。次はダニエルズの遺品からニューヨークのCIA関連施設の情報を入手する。ニューヨークでヴォーゼンからブラックブライアー計画の内部資料を奪ったボーンはランディにブラックブライアー計画の内部資料を渡し、トレッドストーンの研究施設に潜入する。ランディはブラックブライアー計画の資料をFAXで外部に送信する。

ボーンはアルバート・ハーシュ博士に会い、自身がトレッドストーン計画に関わった経緯を知り記憶を取り戻す。追跡部隊を振り切ったボーンは施設の屋上より川に逃走する。

youtu.be

第4部『ボーン・レガシー』

ジェイソン・ボーンの事件によって、もう一人の工作員アーロン・クロスに降りかかった陰謀を描いた作品。

eiga.com

 

2016年10月公開『ジェイソン・ボーン』

デイヴィッド・ウェッブがジェイソン・ボーンになったいきさつがわかるのでしょうか?楽しみです。

bourne.jp

youtu.be

関連記事

『ジェイソン・ボーン』の感想記事です。

www.kousuku.com

 

Amazon

ボーン・クアドリロジー スチールブック仕様 [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】 ボーン・クアドリロジー スチールブック仕様 [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】 ボーン・クアドリロジー スチールブック仕様 [Blu-ray]