読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kousukuの日記

映画・音楽・スポーツの感想を綴っていきます。

映画『オリヲン座からの招待状』感想 映画館を守る2人の愛 ※ネタバレあり

映画 映画-邦画

『オリヲン座からの招待状』を観ました。映画館を舞台とした長く深い愛情を描いた心あたたまる人間ドラマです。主演の宮沢りえの存在が光っています。

f:id:kousuku:20161120205948p:plain

作品情報

公開:2007年

時間:1時間56分

監督:三枝健起、脚本:浅田次郎(鉄道員(ぽっぽや))

出演:宮沢りえ、加瀬亮、宇崎竜童、田口トモロヲ、中原ひとみ

配役

松蔵:宇崎竜童

妻トヨ:宮沢りえ

留吉:加瀬亮

あらすじ

昭和30年代、松蔵と妻トヨが行っている京都の映画館・オリヲン座で留吉という青年が仕事をさせてくれと頼み込む。松蔵は長くは続かないだろうという不安はあったものの住み込みで雇うことを決意する。心底映画好きな留吉は、寝る間も惜しみメキメキと仕事を覚えオリヲン座には重要な存在となって行く。そんなある日、松蔵が病で倒れ息を引きとることとなる。トヨは映画館を閉めることを考えたが留吉の強い要望で2人で続けて行くことを決意する。

 

感想

樋口可南子、宮沢りえという私の好きな女優さんが出ていて良かったです。脚本や演出という以外に好きな俳優さんが出ているというシンプルな理由で楽しめるところも映画の良さですね。オリヲン座の最後の上映で涙する樋口可南子の演技がとても良かったです。

映画の中で映画館を舞台にしていると『ニュー・シネマ・パラダイス』を思い浮かべてしまいますが、それとは異なる日本らしい内容です。

館主が亡くなり、トヨと共に後を引き継いだ留吉を世間は冷たい目でみます。日本だと当然の出来事なんでしょうが、余りにも酷い仕打ちです。しかし、そこを自分たちの関係を否定せずじっと耐えぬことで2人の愛が実現していくことに繋がったのかと思います。

留吉にとってみれば、「オリヲン座を守りたい」、「トヨを守りたい」、「トヨと共に暮らしたい」というふうに想いは変遷していくのでしょうが、それ以外の選択肢はなかったように思えます。トヨと留吉は天国の松蔵が見守る中で純粋な愛で結ばれているのです。

映画館が傾きかけいつ潰れてもおかしくない状況の中で、遊びに通う祐次と良枝という2人の子供がいます。トヨと留吉はその子供を我が子の様に可愛がります。そういう2人に可愛がられる子供は幸せものです。子供は愛に対しての嗅覚は敏感です。

祐次と良枝は後に結婚します。そして別れの時が近づいています。そんな時オリヲン座最後の上映かに招待されます。オリヲン座最後の上映を観ながら子供の時に自分たちが注がれた愛情を思い起こす。2人がどうなるのか描かれていませんが、きっと別れることになるのでしょう。

映写室では留吉の真意を聞きトヨが息を引き取ります。登場人物の中で最もおとなしかった留吉の深い愛情がオリヲン座を守り、そこに関係する人々を守ったのでしょう。

 

宮沢りえが痩せすぎなのが気になりましたが、その愛らしい笑顔は観ている人にやすらぎを与えるものと思います。

脚本浅田次郎、これぞ邦画という長く深い愛情を描いたいい作品でした。

予告動画

youtu.be