読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kousukuの日記

映画・音楽・スポーツの感想を綴っていきます。

映画 列車を舞台としたパニック作品

映画

列車や飛行機を舞台としたパニック作品は、その狭い空間と乗り物上ということで危機感や緊張感が増します。今回は列車を舞台にしたパニック・サスペンス作品を紹介したいと思います。

f:id:kousuku:20161129181326p:plain

 

列車でのパニック作品

アンストッパブル (2010年)

監督: 監督:トニー・スコット出演: デンゼル・ワシントン, クリス・パイン, ロザリオ・ドーソン

実話を題材にした作品。ちょっとした操作ミスから危険な化学物質を積んだ列車が無人で暴走してしまう。猛スピードで走行する重量感ある機関車が緊張感を生み威厳すら感じます。機関車主演のデンゼル・ワシントンの演技が光ります。リドリー・スコットの弟トニー・スコットの最後の作品です。

 

サブウェイ123(2009年)

監督: トニー・スコット出演: ルイス・ガスマン, デンゼル・ワシントン, ジョン・タトゥーロ, ジョン・トラボルタ

「アンストッパブル」と同じ監督トニー・スコット、主演デンゼル・ワシントンでのコンビ作品。犯人役のジョン・トラボルタとデンゼル・ワシントンの心理合戦が見どころとなっています。人質を乗せた運転手のいない列車が暴走します。

 

スピード(1994年)

監督: ヤン・デ・ボン出演: キアヌ・リーブス, デニス・ホッパー, サンドラ・ブロック

空港ないで爆弾を仕掛けられたバスが周回するシーンは記憶に残ります。その危機を回避してホッしたのもつかの間。次は爆弾ベストを着せられたサンドラ・トラックが地下鉄に連れ込まれます。走行中の列車の上での格闘が見どころです。デニス・ホッパーが知能犯を演じ切ります。

 

暴走列車(1995年)

監督: ジェフ・マーフィー出演: スティーブン・セガール

スティーブン・セガールが列車の中でシェフと共に悪党を退治します。あの独特の格闘スタイルが走行中の列車で繰り出されます。最後はヘリコプターまで登場します。

 

パニック・トレイン

監督: オミッド・ノーシン出演: ダグレイ・スコット, カーラ・トイントン, イド・ゴールドバーグ, リンゼイ・ダンカン, デヴィッド・スコフィールド


舞台はイギリス、タンブリッジ・ウェルズ行きの夜の車両。医師のルイスとその息子の帰宅中。降りるはずの停車駅を列車は通貨してしまう。車内を調べると車掌の死体が発見される。取り残された乗客6人の運命は…。車内での出会いあり、人間模様あり。焦点が犯人ではなく乗客になっているところがいいです。お気軽に楽しめるという感じです。

 

列車のパニック作品はそれなりに活動空間もあり結構面白いと思っています。他にもあってような気がしますので思い出したら追加します。

上記の5作品で列車の迫力を満喫したいのなら『アンストッパブル』がお勧めです。