読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kousukuの日記

映画・音楽・スポーツの感想を綴っていきます。

Windows10標準アプリ 『Snipping Tool』 画面キャプチャーが便利にとれます

Windowsで操作説明などを編集する場合は画面キャプチャーが必要になります。そんな時標準アプリ「SnippingTool」が非常に便利です。

f:id:kousuku:20160621122708p:plain

 

 

操作方法

1.起動

SninpingToolはWindowsアクセサリーに入っていますのでスタートメニューよりWindowsアクセサリーを選択して起動します。

f:id:kousuku:20160621113326p:plain

検索ボックスからでも起動できます。検索ボックスに"snippng"と入力すれは候補で表示されます。私の環境では"sni"だけで表示されます。

f:id:kousuku:20160621114041p:plain

 

SnippingToolが起動します。

f:id:kousuku:20160621114939p:plain

 

2.キャプチャー

キャプチャーの取り方は4種類から選択できます。

  • 「自由形式の領域切り取り(F)」
  • 「四角形の領域切り取り(R)」
  • 「ウィンドウの領域切り取り(W)」
  • 「全画面領域切り取り(S)」

f:id:kousuku:20160621115803p:plain

一番良く使われるのは「四角形の領域切り取り(R)」、「ウィンドウの領域切り取り(W)」ではないかと思われます。

「四角形の領域切り取り(R)」

「四角形の領域切り取り(R)」はキャプチャーしたい領域をマウスポインタ―で指定します。電卓アプリのキャプチャーでやってみます。

f:id:kousuku:20160621120601p:plain

画面の一部分は

f:id:kousuku:20160621120816p:plain

取った画面はメニューの下に表示されます。クリップボードにコピーされていますので任意の場所に貼り付け([ctrl] - [v])ます。※この編集画面に直に貼り付けています。

保存したい場合はフロッピーのアイコンを選択します。

f:id:kousuku:20160621120901p:plain

「ウィンドウの領域切り取り(W)」

「ウィンドウの領域切り取り(W)」は起動しているアプリの画面をキャプターします。

f:id:kousuku:20160621121219p:plain

 

3.簡単な編集

簡単な編集も可能です。メニューのペンのアイコンで線が描けます。直線が描けないので汚くなりますが、わかればいいレベルでは十分です。編集後コピー([ctrl]-[c])でクリップボードのコピーされます。後は任意の場所に貼り付け([ctrl] - [v])ます。

f:id:kousuku:20160621121638p:plain

 

関連記事